北海道の空の玄関口




[新千歳空港]
北海道には未だ新幹線が通じていないので、北海道を訪れる大半の人は
この新千歳空港が北海道への入り口となります。
その新千歳空港について、いくらか解説してみることにします。
まず建物は全部で4階と地下1階があります。


[1階]
1階は主に到着ロビーです。そしてサービス施設などが並びます。
郵便局や、旅行代理店、レンタカーの受付などです。
車やバスが移動手段の人は、1階が出入り口となっています。
駐車場は空港を出てすぐなので、わかりやすいと思います。

[2階]
2階は各空港会社のカウンターが並んでおります。ここから出発ロビーに入ります。
カウンターは大きく分けて、2種類あります。
一つは全日空で(写真左)、もう一つは日本航空です(写真右)。
ちなみにADOは、全日空のカウンターのほうに含まれていますのでご注意下さい。


この2階にはお土産屋がずらりと並んでおります。
もし観光先で買い忘れた方は、ここでお済ませ下さい(笑)
営業は20時30分までです。
また、大きな広場もあります。ここではイベントや展示会などが行なわれています。




次は出発ロビーです。
出発ゲートで手荷物検査をしてから、出発ロビーへ入っていきます。
中はとても清潔さがうかがえます。やはり出来たばかりの空港はいいですね〜。
ちなみにここではテレビも見れるので、出発時間までくつろげます。


出発になったら、それぞれの乗り場より機内へ入ります。
乗り場は番号で案内してくれますので、迷うことは少ないでしょう。


[3階]
さて三階ですが、ここは飲食街となっております。
北海道の名物、ラーメンや寿司などが食べれるので結構オススメスポットです。
もちろん、その他にも和食や洋食や中華などがそろっております。


[4階]
4階は展望室です。様々な飛行機が見学できます。
ただし暗くなったら、閉館しますのでご利用は昼間のみとなります。
残念ながら、私が訪れたのは夜でしたので展望室へ入ることが出来ませんでした。
いづれ取材したいと思います。
[地下一階]
最後に地下一回ですが、こちらはJR「新千歳空港駅」の乗り場です。


札幌まで一番早く着きたいのであれば、やはりJRをご利用下さい。
快速「エアポート」で札幌までは36分の所要時間になります。
バスは70分なので、その早さには驚きです。
ちなみに小樽までは1時間12分、旭川までは概ね2時間、
苫小牧までは(乗り換え有り)概ね33分となります。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO