千年の歴史を語る「古都」へ 旅の序章
 京都という街は非常に歴史がある。それ故に訪れるためには歴史の知識を知らないと、「楽しめない」という事実がある。 私が初めて京都を訪れたのは中学3年の時の修学旅行である。この時の思い出として、京都の街では何も楽しめた感覚は なかった。むしろ夜にホテルに戻ってから、室内での友人たちと遊んだ事の方が面白かった。

それから3年後、大学入試のための受験勉強の日々があった。私は日本史を頑張って得意科目にしたのだ。 その時に、あらためて日本の歴史の大部分は京都が絡んでいる事を知る。そして京都への憧れがふくらみ始めた。 京都へ行って、中学校時代に見れなかった史跡をたくさん訪れてみたい・・。

時はさらに流れて大学の史学科に無事進学した私であったが、昨年の大河ドラマ「新撰組」に影響されて異様なほどはまった。 「新撰組」の舞台といえば江戸、大坂、函館と複数あるが、やはり彼らが一番輝いていたのは京都にいた時であろう。 そういう思いからも京都への憧れは最高潮に達した。そして2005年の7月のある日、大学の教授から京都国立博物館 の特別展覧会の無料チケットをいただいたのをきっかけに、本格的に京都を訪れようと決断する。

京都を訪れるにあたっての交通機関は新幹線がメジャーではあるが、学生の身分なもので資金的余裕はない。 そこでこの時期に最も旅のバイブルとなる「青春18切符」を使用する事に決定した。 夜行快速「ムーンライトながら」を使えば、朝から晩まで丸ごと2日間京都を観光できる。現地で1泊はしょうがないが、 かなり格安の宿を見つけたのでまぁ良しとしよう!

行程としては、やはり憧れが強い「新撰組」の史跡を最優先にさせて、その他は京都の有名どころを回る設定にした。 今振り返ると、よくもまぁ2日間でこれだけ回れたものだ・・。

それでは、朝から晩まで足に豆が出来るまで駆け巡った激動の2日間をゆっくりご覧下さい。

旅の行程

 ■2005年8月1日〜8月2日
  京都遠征1日目 主に洛中を巡る。東西本願寺、京都国立博物館、智積院、東寺、新撰組史跡など。

 ■2005年8月3日〜8月4日
  京都遠征2日目 洛西から洛北へ。清水寺、八坂神社、知恩院、平安神宮、金閣寺、銀閣寺、二条城など。


トップへ戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO